地球科学とエネルギー需要科学を合同研究するTEEDDAチームのHPへようこそ!

チーム研究課題名

「分散協調型EMSにおける地球科学情報の可用性向上とエネルギー需要モデルの開発」(研究期間:平成27年度〜31年度の5年間)

本プロジェクトについて

本研究はJST(国立研究開発法人 科学技術振興機構)が実施する平成24年度発足のCREST(戦略的創造研究推進事業)研究領域

「分散協調型エネルギー管理システム構築のための理論及び基盤技術の創出と融合展開」(研究総括:藤田政之教授)

の研究課題の1つです。この研究領域は、JST,CREST/EMS(エネルギー管理システム)とも呼ばれます。

JST CREST EMS

チーム名称について

チーム研究の成果を広く対外アピールし理解を促すために、チーム名称を TEEDDA(てぃだ) と定めました。

てぃだ は沖縄地方の言葉で「太陽」を意味し、アルファベット表記TEEDDAは英語 Terrestrial Energy Estimation and Demand Data Analyses(訳:地球エネルギーの推定と需要データの解析)の頭文字となっています。

チームの顕著な成果はこちら 日射量準リアルタイム例
ひまわり衛星推定太陽放射量AMATERASSの日射量(例)

お知らせ

ニュースすべてのお知らせ>>   写真イベント報告>>
2019/12/6 R1年度の研究成果等および全研究期間における顕著な成果を公開しました。
2019/10/9 ニュースページにサイトビジットと国際合同ワークショップの様子をアップしました。
2018/12/10 NICTグループを新設しました。
2017/10/11 エネルギー需要科学SG研究者全員の連名で執筆した総説「エネルギー需要科学の確立〜エネルギーマネジメントにおける需要研究」がエネルギー・資源学会の学会誌2017年9月号に掲載されました。
2017/6/7 東大生研グループリーダー岩船特任教授らによる論文がEnergy Conversion and Management誌で掲載されることとなり「ヒートポンプ給湯機のデマンドレスポンス効果を評価 〜太陽光発電の2019年度問題解決に期待〜」と題してJSTのHPでプレスリリースされました。
2017/5/15 東大名誉教授かつJAXA/EORCセンター長である中島映至教授が、大気放射学研究での功労がたたえられて平成29年春の紫綬褒章を受章。また地球惑星科学において顕著な功績を挙げたとして2017年度に本地球惑星科学連合フェローに顕彰されました。
2017/3/17 顕著な成果ページを新設しました。
2016/12/14 日射量データ処理ツールのFORTRANをver 0.11aに更新しました。
2016/10/3 日射量データ処理ツールのC言語Javaをver 0.21aに更新しました。
2016/7/22 チームによる解説記事が計測と制御7月号に掲載されました。